受験に挑むなら医学部予備校に通うのがベスト

ウーマン
先生と生徒

人生を大きく左右する

中高一貫のエスカレーター式の学校に通うには、中学受験を突破する必要があります。中学受験合格のノウハウを知っている塾に通うことで、合格率を大幅に上げることができるでしょう。また、受験に対するモチベーションをいかに保つかが今後重要になってきます。

気になる学費

医師

学費の相場

東京は全国でも医学部の数が多いため、毎年たくさんの受験生が東京に集まります。そのため東京の医学部予備校は他の地域よりも数が多く、それぞれに独自の特徴を打ち出して受験生の学習指導を行っています。東京にある医学部予備校を選ぶときには、どこの学校が良いのか選ぶのに悩んでしまいますが、最も気になるのが学費かもしれません。医学部予備校に費用は基本的に「入学金」と「年間の授業料」で構成されていて、学校によっては設備費などを別途徴収するところもあります。入学金は数万〜数十万円で、年間授業料も百万円台から数百万円台と学校によって差があります。中には学費を公開していない医学部予備校もあるので、その場合は資料請求をして確かめる必要があります。

特待生制度を利用

医学部予備校がたくさんある東京には、たくさんの受験生が集まり合格を目指して日々勉強を行っています。中には地方から上京して入寮しながら頑張る受験生もいます。ところで医学部予備校の学費は非常に高額で、入学金や授業料などを合せると400〜500万円することも珍しくありません。医学部入試は非常に倍率が高く、独学で合格を目指すのはとても難しいので、保護者は予備校に通うための学費も用意しておく必要があります。しかし優秀な学生には学費の一部免除や全額免除する特待生制度を採用している学校も少なくありません。これは有名大学への合格実績を少しでも上げたい予備校が、優秀な学生を集めるために行っているのです。特待生制度を受けるためには選抜試験の基準を満たす必要があるので、積極的に試験を受けてみましょう。

大学

短期大学への進学メリット

高校を卒業した後の進学先の選択肢として大学、短大、専門学校が挙げられます。幅広い専門的知識を身に付けることができる大学と、実践性のある特定の分野の専門性を身に付けることができる専門学校と特色がはっきりしていますが、短大はどのような教育機関であり進学するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

高校生

自分に合った方式を選ぼう

大学入試の動向は大きく変化し、入試の方式が非常に多様化しています。国公立大学と私立大学の入試は基本的には異なる部分が多いですが、併願する場合は効率的に受験できるように考え、センター利用方式も選択肢に入れるとよいでしょう。