短期大学への進学メリット|受験に挑むなら医学部予備校に通うのがベスト

受験に挑むなら医学部予備校に通うのがベスト

レディー

短期大学への進学メリット

大学

どのような教育機関なのか

高等学校から進学する選択肢は、大学、短大、専門学校とあります。幅広い専門的知識を身に付けたいのであれば大学への進学を希望し、実践性のある特定の分野の専門性を身に付けたいのであれば専門学校に進学を希望することになります。では短大への進学はどのような目的で、どのようなメリットがあるのでしょうか。短大のシステムは大学と専門学校の特性を合わせた教育機関であり、双方のメリットが織り込まれていると言われています。大学のように一般教養を学び、専門学校のように専門技術を学べることからそう言われています。短大は二年間の就学期間であり、卒業すると短期大学士という学位が与えられます。大卒での学位取得と同じく、国際的に通用するものなので就職に有利となります。また短大から四年制大学への編入もしやすくなることも特徴の一つです。より勉強したい、幅広い分野での資格取得をしたい方には選択肢が増やすことができます。

どのような学園生活なのか

短大生は就学期間が二年間なので、一般教養と併せて専門技術を学ぶことで社会に出た時には即戦力として活躍しやすくなります。ただしその分、短い期間で単位を取得をしなければならないですし、実習も多いので大変です。四年制大学のようにのんびりキャンパスライフを楽しむ暇はありません。それでもサークル活動や学園イベントなどは四年制大学と同じように楽しむことができます。スケジュールが細かく織り込まれている短大ですが、せっかく入学したのですからサークルやイベントを楽しむことも大事です。サークルに入れば他の大学や短大との交流の場も多く、そういう点においては将来のための人脈作りに活用できることができます。短大は高校を卒業した後の進路先として、十分将来に活かせる教育機関であると言えるのです。